loading

FXGTのロスカットラインは口座タイプにより異なりますか?

FXGTのロスカットラインは口座タイプにより異なりますか?

2023.01.04

2023.01.16

はい、FXGTでは口座タイプによりロスカットラインが異なります。ミニ口座とスタンダード+口座では証拠金維持率が20%を下回った時点でロスカットが発動され、スタンダードFX口座、Crypto Max口座、PRO口座、ECN口座では証拠金維持率40%でロスカットが行われます。

同じカテゴリーのご質問

  1. FXGTでは、複数のポジションを保有している場合、マイナス額(含み損)の大きいポジションから順にロスカットが執行されます。ロスカットによりポジションが解消され、証拠金維持率がロスカット水準を上回った場合、残りのポジションはそのまま維持することが可能です。

    2023.01.04

  2. FXGTの強制ロスカットによる保有ポジションの解消を回避するには、証拠金維持率を高く保つ必要がございます。口座資金に対する保有ポジションのサイズ調整、証拠金維持率の低下時に取引口座への追加入金や設定レバレッジを低くすることで、証拠金維持率を高く保つことが可能です。

    2023.01.04

  3. FXGTでは、MetaTrader5(MT5)の画面下にある「ツールボックス」の「取引」タブにて保有ポジションの証拠金維持率をご確認頂けます。複数のポジションを保有している場合、必要証拠金と証拠金維持率は全てのポジションが合計されて表示されます。

    2023.01.04

  4. FXGTのロスカット発動水準は、保有ポジションの証拠金維持率が基準となり、証拠金維持率は、「証拠金維持率(%)=有効証拠金 ÷ 全ポジションの必要証拠金合計 × 100 」の計算式にて算出頂けます。尚、ロスカット水準は口座タイプによって異なりますので、ご注意ください。

    2023.01.04

  5. はい、FXGTでスキャルピング取引を行う際は、スプレッドが広がりやすい時間帯でのスキャルピング取引に注意が必要です。スキャルピングはスプレッドの影響を大きく受けやすいため、週明けの早朝、営業日の切り替え時、経済指標発表前後や要人発言がある際は十分ご注意ください。

    2022.09.29