loading

お取引(よくあるご質問)

“お取引” の検索結果 46 件

1 / 3 Page

次のページNext

  1. はい、FXGTでスキャルピング取引を行う際は、スプレッドが広がりやすい時間帯でのスキャルピング取引に注意が必要です。スキャルピングはスプレッドの影響を大きく受けやすいため、週明けの早朝、営業日の切り替え時、経済指標発表前後や要人発言がある際は十分ご注意ください。

    2022.09.29

  2. FXGTのFXメジャー通貨ペアは、低スプレッドかつ値動きが活発なため、スプレッドの拡大も起こりにくくスキャルピング取引におすすめです。また、ボラティリティの大きさが魅力の仮想通貨CFDも、最大1,000倍のレバレッジでスキャルピング取引を行うことができます。

    2022.09.29

  3. FXGTでは、全ての口座タイプでスキャルピング取引が可能です。取引コストを最も低く抑えてスキャルピング取引をしたい方は、取引手数料無料かつ極狭スプレッドのPRO口座、豊富なボーナスを活用して効率よく値幅を狙いたい方は、スタンダード+口座やCrypto Max口座がおすすめです。

    2022.09.29

  4. はい、FXGTでは、全ての取引銘柄で制限なく自動売買(EA)によるスキャルピング取引を行って頂けます。EAをご利用頂くことで、裁量取引では対応できないような高頻度・高回数のスキャルピング取引を簡単に行うことが可能です。また、EAを活用することで、効率的に利益を積み重ねて頂けます。

    2022.09.29

  5. いいえ、FXGTでは、スキャルピングに制限は設けておりません。全口座タイプ及び全取引銘柄にてスキャルピングが可能なため、最大1,000倍のレバレッジを活かしながら取引手数料無料の口座タイプやボラティリティの大きい取引銘柄を狙うことで、快適なスキャルピング取引をお楽しみ頂けます。

    2022.09.29

  6. FXGTでは、マイナス残高リセット完了前であっても、eWalletへの入金は可能です。但し、eWalletからマイナス残高の口座へ資金移動を行うと、移動した資金とマイナス残高が相殺される可能性があるため、ゼロカット処理の完了を確認してから資金移動を行ってください。

    2022.09.23

  7. FXGTでは、ゼロカットシステム執行前に、マイナス額をクレジット(ボーナス)にて相殺します。相殺後、マイナス額が残っている場合は、残りの損失に対してゼロカット処理が行われます。有効証拠金と余剰証拠金がプラスの場合は、ゼロカットシステムは執行されません。

    2022.09.23

  8. FXGTのゼロカットシステムは、有効証拠金と余剰証拠金がマイナスになった場合にのみ執行されます。クレジット(ボーナス)が残っている場合や、ゼロカット処理前に資金移動を行った場合は、マイナス残高と相殺する形で処理され、ゼロカットシステムの対象外となりますのでご注意ください。

    2022.09.23

  9. FXGTの取引口座にて、マイナス残高が発生した場合、通常1時間以内を目安にゼロカットシステムが執行されます。尚、ゼロカット処理前にeWalletから取引口座へ資金移動を行った場合、マイナス残高と相殺する形で移動資金が減少しますので、必ずゼロカットが反映されるのをお待ちください。

    2022.09.23

  10. はい、FXGTでは、全ての口座タイプと銘柄にゼロカットシステムが適用されます。そのため、口座資金を上回るマイナスが発生した場合でも、自動的にマイナス残高リセットが行われ、口座残高ゼロの状態から改めてお取引頂けます。尚、ゼロカットシステムの事前登録や設定は不要です。

    2022.09.23

  11. いいえ、FXGTでは両建てしているポジションを同時決済することはできません。両建てポジションを決済する場合は、買い・売りの片方ずつ決済する必要がございます。尚、両建て取引が解除された時点で、保有ポジションに対して必要証拠金が発生するため、証拠金維持率の大きな変動にご注意ください。

    2022.09.12

  12. FXGTでは、両建て取引を活用することで、証拠金ゼロでポジションの保有が可能となり、含み益と含み損も相殺されるため、損失リスクを抑ながらお取引頂けます。相場の流れをみながら中長期・短期トレンドの両方に対応可能なため、より多くの利益獲得のチャンスを狙える点も大きなメリットです。

    2022.09.12

  13. FXGTで両建て取引をする際には、必要証拠金は相殺されてゼロになります。但し、売りと買いで取引ロット数が異なる場合は、差額分の証拠金が発生します。また、損失が発生し両建てが解除された時点で、必要証拠金が発生するため、証拠金不足による強制ロスカットにご注意ください。

    2022.09.12

  14. FXGTで両建て取引をする際には、スプレッドとスワップポイント、ECN口座の場合は取引手数料が取引コストになります。買いポジションと売りポジションの両方を保有する両建て取引では、取引コストは通常取引の2倍となるため、両建て取引を行う際は、余裕を持った口座残高をご用意ください。

    2022.09.12

  15. いいえ、FXGTでは、複数口座間での両建て取引を禁止しています。また、他社口座間による両建て、複数名・グループによる組織的な両建て、ゼロカットを悪用した両建ても禁止しており、規約違反に該当した場合、出金拒否やアカウント凍結等の罰則の対象となりますので、お取引の際はご注意ください。

    2022.09.12

  16. FXGTでは、各国の祝日やクリスマス、年末年始等は、取引時間の変更または取引停止となる場合がございます。取引時間の変更については、事前にFXGTサポートデスクよりメールまたは、休日カレンダーにてご案内しているため、事前にご確認頂きお取引の際はご注意ください。

    2022.09.12

  17. いいえ、FXGTでは、取引時間外に強制ロスカットは発動されません。土日に相場が大きく動き損失が拡大した場合でも、月曜日早朝までは強制ロスカットはされないため、土日にポジションを持ち越しする場合は、証拠金にある程度余裕を持たせた状態にしておく等、十分ご注意ください。

    2022.09.12

  18. FXGTの取引時間内にも関わらず、注文が執行されない場合は、システムメンテナンス中の可能性がございます。メンテナンス中は、ロスカットを含む新規注文や決済等全ての操作が行えませんので、ご注意ください。尚、メンテナンスに関する情報は、マイページ内の「MT5口座」にてご確認頂けます。

    2022.09.12

  19. FXGTでは、MT5の表示時間にグリニッジ標準時を採用しており、夏時間はGMT+3、冬時間はGMT+2で表示されています。日本時間との時差は、6時間(冬時間は7時間)となるため、日本時間に換算する場合は、MT5表示時間に+6時間(冬時間は+7時間)してください。

    2022.09.12

  20. はい、FXGTでは、各銘柄により取引時間が異なります。銘柄によって開場時間と閉場時間が異なりますが、原則平日24時間(月曜日早朝~土曜日早朝)取引することが可能です。シンセティックペアを除く仮想通貨CFDは、土日・祝日を含む24時間365日お取引頂けます。

    2022.09.12