loading

クロス円の中で強含んでいるポンド円の動向に注目か

クロス円の中で強含んでいるポンド円の動向に注目か

クロス円の中で強含んでいるポンド円の動向に注目か
2022.11.25
NEW
本日のポイント
  1. 独・GFK消費者信頼感指数
  2. 独・第3四半期GDP(確報値)

昨日は、米国市場で感謝祭により休場となったため株式市場は変動なく、金利安・原油高の相場展開となった。主要貴金属4銘柄はゴールド以外が反落となり、特にプラチナの下げが目立った。原油WTIは78.3ドルまで上昇し、天然ガスは7.5ドル台での横ばい推移となっている。暗号資産は再び下落しており、BTCUSDは16,488ドル台での推移だ。

為替市場は、円買い傾向が見られ、クロス円が小幅ながら下落した。米ドル円・ユーロ円が1.5円ほど下落する中、ポンド円は下値を固め、168.257から167.153まで約110pipsの下落に留まった。ポンド円は日足ベースで20MAより上位に位置しているため、欧州時間にかけて上昇が見られるのか注視したい。

本日の指標は、16:00に独・第3四半期GDP(確報値)、独・GFK消費者信頼感指数、スウェーデン・生産者物価指数、16:30にスイス・非農業部門雇用者数、16:45に仏・消費者物価指数、17:00にハンガリー・失業率、18:00にフィリピン・失業率、20:30に印・外貨準備高、21:00にメキシコ・GDP、25:00に加・財政収支が発表予定となっている。クロス円の中で強含んでいるポンド円の動向に注目したい。

author

著者:中本 崇

国内外のFX経歴15年以上、FP2級の資格を持つ。大手証券会社で証券マンとして勤務した後、脱サラして、現在はプロトレーダーとして活動。長年相場を見続けてきた経験から独自のFX手法を開発し、勝率アップ。スキャルピングからスイングまで幅広いトレードスタイルに精通する。